八幡図書館・郷土資料
MENU
▼所蔵資料のご紹介






▼八幡について知るには




>>よくある郷土の質問集

『郷土資料案内』のご紹介



 北九州市制50周年を記念して、
八幡図書館の郷土資料案内を
つくりました。
  3階一般室にてご希望の方に
配布致しております。 また、PDF
ファイルでもご覧いただけます。
ぜひご利用ください。

閲覧用PDFはこちら
●八幡かるたさんぽ●

 第28回 ふ  藤の花 咲いて賑わう 吉祥寺        北九州市八幡西区にある「吉祥寺」は浄土宗の第二祖と  名高い高僧、鎮西上人生誕の地です。   創建は建保から元和(1213〜1224)の頃で、難産の末に  亡くなった母をとむらうために、その地にお寺を建立した  のが始まりと言われています。   本堂に安置された阿弥陀仏は「腹帯の弥陀」と呼ばれ、  安産祈願の仏として信仰されています。   境内は藤の名所としても知られ、毎年4月の下旬頃にな  ると、紫野田藤、白藤、紅藤、ふち紅藤など10数本の藤が、  1000平方メートルに渡って咲き乱れます。特に紫の野田藤  3本は樹齢160年程で、市の保存樹に指定されています。   例年、藤がちょうど満開を迎える4月27日〜29日の3日間  には、鎮西上人の開山忌に合わせて「藤まつり」が行われ  ており、期間中は多くの露店が立ち並び、多くの人で賑わ  います。また、地域の郷土芸能である「吉祥太鼓」も披露  されます。   今年は終わってしまいましたが、ぜひ一度藤まつりの時  期に北九州有数の藤の名所、吉祥寺に出かけてみてはいか  がでしょうか。 場所:八幡西区吉祥寺町13-11 ( このコーナーでは八幡図書館オリジナルの 八幡かるたを月替わりで紹介します。)                                          7月31日更新
●郷土資料室● 八幡図書館1階に設置しております。 郷土の市史類、逐次刊行物、行政資料などもございます。 八幡について知りたい方はぜひこちらに足をお運びください。
   
          ☆郷土資料ご寄贈のお願い
            八幡図書館では、郷土に関する資料を集めています。
            郷土資料は、時間の経過とともに入手困難となりがちです。
            貴重な郷土資料を後世に伝えていくためにも、郷土資料収集に
            ご協力をお願いします。
            特に入手しにくい社史、記念誌、個人出版や地域の団体の研究
            成果の資料、古い地図等寄贈していただけるものがございまし
            たら、よろしくお願いいたします。




トップページへ       北九州市立図書館の資料検索画面へ